旅客船輸送人員の多い都道府県、少ない都道府県

社会科において、輸送方法といえば自動車・鉄道・船舶・航空機の4種類です。現在の日本の輸送の中心は、人を乗せて運ぶ「旅客」・ものを載せて運ぶ「貨物」ともに自動車です。旅客輸送では二酸化炭素の排出が少なく時間が正確な鉄道が、貨物では大量輸送ができる船舶輸送も多く行われています。

今回は、旅客輸送の中で最も使われていない、旅客船輸送量のデータを取り上げます。

旅客船輸送人員(2015年)
都道府県 千人 都道府県 千人
1 広島県 13912.3 25 滋賀県 508.8
2 長崎県 8726.1 26 徳島県 474.1
3 鹿児島県 6402.7 27 京都府 405.3
4 沖縄県 5227.7 28 青森県 320.4
5 東京都 4135.5 29 山梨県 265.4
6 福岡県 4107.4 30 富山県 229.4
7 大阪府 3689.4 31 岐阜県 219.3
8 香川県 3233.2 32 宮崎県 202.4
9 神奈川県 3019.5 33 福井県 198.4
10 兵庫県 2930.0 34 栃木県 169.4
11 愛媛県 2810.3 35 高知県 155.4
12 静岡県 1901.8 36 千葉県 151.6
13 北海道 1750.5 37 長野県 142.1
14 愛知県 1518.4 38 山形県 127.2
15 三重県 1517.4 39 石川県 91.3
16 新潟県 1422.9 40 福島県 87.6
17 宮城県 1352.4 41 岩手県 76.6
18 和歌山県 1246.4 42 茨城県 76.0
19 山口県 1153.3 43 鳥取県 75.3
20 岡山県 1034.1 44 群馬県 39.5
21 大分県 956.0 45 秋田県 34.6
22 佐賀県 795.7 46 埼玉県 10.2
23 島根県 637.0 47 奈良県 0.3
24 熊本県 607.6

首位は広島県でした。正直なところ、意外です。2位長崎県は対馬、3位鹿児島県は奄美大島、5位東京都は小笠原諸島といった島々を持っていますし、4位沖縄県はそもそも島で構成された都道府県です。でも、よく考えると奄美大島とかはフェリーじゃなくて航空機で行きますよね。
しかし、広島県というと、社会科的には「瀬戸内しまなみ海道」があって、四国に行くときに自動車での移動が増えているんじゃないのかと思いがちです(実際、瀬戸内しまなみ海道が開通した1998年以降旅客船の利用者が2万人ほど減少しています)。
でも、あらためて地図を見ると分かるのですが、瀬戸内しまなみ海道は広島県の東にあるんですよね。県の中心である広島市は広島県の西側にあり、広島市としまなみ海道のアクセスは便利とはいえません。検索してみると、広島市から対岸の愛媛県の松山市に行くとして、自動車だと3時間弱で8,500円かかり、フェリーだと同じくらいの時間で8,950円と大差ないという検索結果がでてきました。
全体的にみると、海に面しているかどうかよりも対岸までの距離と人口がものをいうランキングだということです。大阪・兵庫・神奈川といった大都市を抱える都道府県が上位に来る一方、海に面していても秋田や鳥取といった「対岸」がない都道府県は下位です。

セルが色づきになっている都道府県は海のない、いわゆる内陸県です。内陸県だと船舶輸送はなさそうに見えますが、現在船に乗る機会の1つに遊覧船があります。ですから、琵琶湖のある滋賀県や富士五湖のある山梨県は数値的に見劣りしないものになっています。

ちなみに、1975年から2015年までの全国計の推移がこちら

これも、てっきり青函トンネルと瀬戸大橋が開通した1988年ごろに減少していると思って調べてみたら、全く変わっていないという意外な結果。青森に至っては青函トンネル開通以降も一時、増加傾向というデータがあります。

思えば、この旅客船の利用者数のグラフってほとんど社会科で見ないんですよね。もし、グラフを見て傾向がすぐわかるデータなら入試で使われていますよ。頭の中で思ったデータと実際が一致しなかったという例でした。


入試に出る歴史上の人物 「モンテスキュー」

基本
18世紀のフランスの思想家で著書である「法の精神」で三権分立をとなえたのが、モンテスキューです。三権分立とは法律をつくる”立法”、政治を行う”行政”、裁判を行う”司法”に権力を分け均衡を図ることで、国民の人権を守り独裁を防ぐ仕組みです。

歴史でもフランス革命といった人権思想の発達に関する単元で登場しますが、その段階では重要度は重要レベルです。公民の学習で三権分立について学習する段階で重要度は上がります。そもそも、歴史・公民にまたがって登場するため、登場頻度が極めて高い人物です。

時代:18世紀(江戸時代中期)



入試に出る歴史上の人物 「マルコ・ポーロ」

重要
13世紀にアジア地方を旅し、それを「東方見聞録(世界の記述)」に記した人物がマルコ・ポーロです。中国は当時、元で皇帝フビライ・ハンにも会っています。日本のことを「黄金の国”ジパング”」と紹介し、後の大航海時代にも大きな影響を与えました。

ちなみに、「東方見聞録」という名称は日本での呼び名で、ヨーロッパでは「世界の記述」と呼ばれており、最近の教科書では東方見聞録はかっこ書きになっていることが多くなっています。

時代:13世紀後半(日本では鎌倉時代)


時事問題予想 2018/8/7

中学生の社会科定期テストの時事問題の予想です。予想される出題頻度は◎<○<△<-の順です。

各国主要人物
現在の日本の首相を答えなさい。 安倍晋三
現在のアメリカの大統領であるトランプ大統領が所属する政党を答えなさい。 共和党
現在のイギリスの首相を答えなさい。 メイ
現在のドイツの首相を答えなさい。 メルケル
現在のフランスの大統領を答えなさい。 マクロン
現在のロシアの大統領を答えなさい。 プーチン
現在の中国の国家主席を答えなさい。 習近平
現在の韓国の大統領を答えなさい。 文在寅
(ムン・ジェイン)
現在の北朝鮮の最高指導者を答えなさい。 金正恩
(キム・ジョンウン)
現在の国連事務総長を答えなさい。 グテレス
7月の主要な出来事
1995年3月にオウム真理教が起こしたテロ事件の名称を答えなさい。 地下鉄サリン事件
国内最高気温を更新した埼玉県の都市を答えなさい。 熊谷市
政令指定都市で史上初めて40度を超える最高気温を記録した都市を答えなさい。 名古屋市
西日本豪雨で特に多くの被害を出した中国地方の都道府県を2つ答えなさい。 広島県・岡山県
東京オリンピックのマスコットキャラクターの名前を答えなさい。 ミライトワ

基本方針時事問題を出題する本来の意図は、生徒に世の中の動きに関心を持ってもらうことです。そして、中学生の定期テスト社会科において最も重要な学習内容は、教科書の出題範囲です。時事問題からの出題は数問で、あくまでおまけでしかありません。時事問題の勉強として何十項目と覚える時間があれば、もっと他に行うべき勉強があるはずです。ここでは「最小限の手間である程度の成果」をテーマに更新を行っていきます。



入試に出る歴史上の人物 「鴨長明」

標準
三大随筆の1つ「方丈記」の作者が鴨長明です。

鴨長明が生きていた12世紀末は、平治の乱にはじまり鎌倉幕府の成立と政治が混乱した時期に当てはまります。中高受験ではこの時期の文化について触れることはほとんどないため、鴨長明は掲載されている教科書もあれば、そうではないものもあります。国語の文学史で絶対に覚えるべき人物ですね。

読み:かものちょうめい
時代:平安末期・鎌倉初期(13世紀初め)


入試に出る歴史上の人物 「北条時政」

発展
鎌倉幕府をひらいた源頼朝の妻、北条政子の父で初代執権が北条時政です。

入試で北条時政の名前が出てくるときは、だいたい記号選択の問題です。たとえば、「御成敗式目を行った執権を次のア~エから選びなさい」といった問題で選択肢の1つとして登場するイメージですね。入試で名前を書かせる問題は見た記憶はありません。

読み:ほうじょうときまさ
時代:12世紀末(鎌倉時代前半)


入試に出る歴史上の人物 「市川団十郎」

標準
江戸時代に歌舞伎は庶民の芸能として人気を得ました。江戸歌舞伎の基礎を築いた役者として知られるのが市川団十郎です。

市川団十郎は入試ではほとんど出題されませんが、最近の教科書で名前は登場します。江戸歌舞伎が市川団十郎で、上方が坂田藤十郎と区別しておけば万全です。

読み:いちかわだんじゅうろう
時代:江戸時代前半(17世紀後半)


入試に出る歴史上の人物 「坂田藤十郎」

標準
歌舞伎は江戸時代に演劇として発達し庶民の人気を得ました。上方歌舞伎の始祖として知られた役者が坂田藤十郎です。ちなみに、上方とは大阪・京都を指します。

演劇は観阿弥・世阿弥を除くとそれほど入試で出題されているわけではありませんが、坂田藤十郎は中学校の教科書で登場しているので一定の注意が必要です。

読み:さかたとうじゅうろう
時代:江戸時代前半(17世紀前半)