中学入試プレイバック2020 「浦和明の星中学」

2006年に博物館や老人ホームが地図記号に追加されたとき、入試問題でそれらに関する問題が多く出題されました。そのため、去年追加された「自然災害伝承碑」も入試に出ると思っていましたが、さっそく出題されましたね。おそらく、今年他の学校でも出題されるので要注意です。

2019年は台風による被害も多かったですし、もともと中学入試では災害をテーマにした問題は出題されやすいので、テーマとして復習をしておくことをお勧めします。

答:自然災害



中学入試プレイバック2020 「海陽中等教育学校」

もう、中学入試のシーズンなんですね…。最近、一年一年が早すぎます。中学入試で出題された問題をピックアップする「中学入試プレイバック」2020年版のスタートです。初回は愛知県にある全寮制の海陽中等教育学校です。

以前、「県庁所在地より人口が多い都市」という記事で取り上げました(その際、下関市が漏れておりました。大変失礼いたしました)。県庁所在地より人口が多い都市がある都道府県は、福島県(いわき市)、群馬県(高崎市)、静岡県(浜松市)、三重県(四日市市)、山口県(下関市)の5つです。この問題はリード文として三重県が題材に取り上げられており、それ以外の都道府県を選ぶ問題になっています。

判別は、アはキャベツが多いので群馬県、イは人口・工業出荷額から静岡県、ウはももから福島県、残りのエが山口県となります。この4県と分かっていれば、簡単な問題です。ただ、受験生が「県庁所在地より人口が多い都市がある都道府県」をあらかじめ把握しているかというと微妙だと思います。それを5つ覚えておくのはちょっとクイズ的すぎる気がするんですよね。個人的には、4つの都道府県をあらかじめ出しておいてそのどれかを答えさせる問題でよかったように思いました。

答: ア:群馬県 イ:静岡県 ウ:福島県 エ:山口県

 


定期テスト時事問題予想 2020/1/7

中学生の社会科定期テストの時事問題の予想です。予想される出題頻度は◎<○<△<-の順です。

基本方針時事問題を出題する本来の意図は、生徒に世の中の動きに関心を持ってもらうことです。そして、中学生の定期テスト社会科において最も重要な学習内容は、教科書の出題範囲です。時事問題からの出題は数問で、あくまでおまけでしかありません。時事問題の勉強として何十項目と覚える時間があれば、もっと他に行うべき勉強があるはずです。ここでは「最小限の手間である程度の成果」をテーマに更新を行っていきます。

各国主要人物
現在の日本の首相を答えなさい。 安倍晋三
現在のアメリカの大統領であるトランプ大統領が所属する政党を答えなさい。 共和党
現在のイギリスの首相を答えなさい。 ジョンソン
現在のドイツの首相を答えなさい。 メルケル
現在のフランスの大統領を答えなさい。 マクロン
現在のロシアの大統領を答えなさい。 プーチン
現在の中国の国家主席を答えなさい。 習近平
現在の韓国の大統領を答えなさい。 文在寅
(ムン・ジェイン)
現在の北朝鮮の最高指導者を答えなさい。 金正恩
(キム・ジョンウン)
現在の国連事務総長を答えなさい。 グテレス
12月の主要な出来事
漢検協会が発表した2019年の漢字を答えなさい。
1月の主要な出来事
日本とアメリカの間で結ばれた自由貿易協定が1月1日に発効しました。自由貿易協定の略称をアルファベットで答えなさい。 FTA
核開発などをめぐり、アメリカとの間で軍事的な緊張が高まっている中東の国を答えなさい。 イラン

カルロス・ゴーンとかレバノンとか、時事問題では出なさそうで意外と出そうなことが何もない12月。


2019年、年末のご挨拶

ここのところ、仕事が多忙のため久しぶりのまともな更新かつ、今年最後の更新になります。

まぁ、塾講師という仕事をしていたら年末はほんとに忙しいですよね。授業授業です。この仕事で、年末に更新を連発できる人は時間の確保がうまいか、実は塾講師ではないか、よほどストレスがたまっていて更新がストレス解消術になっているかどれかでしょう。

さて、今年の年頭に「新しい更新の柱をつくる」というテーマを掲げました。正直、新しい柱をつくることができないまま一年が終わったなと思っています。柱となる候補は頭に思い浮かんでいるのですが、それをやろうとすると本気でWordPressの勉強をするといったしっかりした準備が必要になりそうです。そうすると、日常の更新が滞ることになるジレンマがあり、どうしようかなと思っています。2月は恒例の「中学入試プレイバック」をするので、春以降どうするかという話ですね。

あともう1つのテーマ「サーバー維持費ぐらいは自力で出したい」ですが…実は達成できました。もちろん、大きな金額ではありませんが正直にうれしいです。これ、思ったよりもサイトを維持するという意欲になりますね。来年は、新しい柱をつくることで収益といえるレベルに持っていけるように頑張りたいですね。

それでは、今年一年間「社会科の歩き方」をご覧いただきありがとうございました。来年もよろしくお願いいたします。


入試に出る歴史史料 「御成敗式目」

第三条「諸国の守護の職務は、大番(京都の御所の警備に当番で当たること)を御家人に催促すること、謀反や殺害などの犯罪者を取りしまることで、それ以外はしてはならない。」
第五条「地頭は、荘園の年貢を差しおさえてはならない」


鎌倉幕府の3代執権である北条泰時がさだめたきまりが御成敗式目です。御成敗式目は、武士としてのしきたりや土地をめぐる争いに関する基準を定めたものです。全く新しい決まりをつくったというよりは、それまで慣習として行われていたものを文章にまとめたものといえます。入試的には、あくまで武家社会のルールなので、公家に対しては適応されなかったことは注意が必要です。

守護・地頭といったキーワードから鎌倉時代という特定が簡単ということあり、史料のみで御成敗式目そのものを問う問題も出題されます。武士がつくったきまりということで武家諸法度あたりと分けて理解する必要がありますね。


入試に出る歴史史料「承久の乱」

武士たちは、以前は3年間の都の警備を終えたとき、(中略)とぼとぼ歩いて帰ってきたではないか。頼朝公はそれをあわれに思い、3年を6か月に縮め、生活が成り立つようにされたのだ。この情け深い御心を忘れて、京都に味方するのか。それとも鎌倉にとどまって、将軍家に奉公するのか。今はっきりと申してみよ。


1221年におきた承久の乱のとき、御家人を結束を促すために源頼朝の妻、北条政子がいったとされる言葉です。承久の乱とそれをおこした後鳥羽上皇、乱に勝利した幕府が京都につくった六波羅探題と関連事項の多い史料です。入試で再頻出の史料の1つといえるでしょう。
上の史料の「頼朝公」の部分は本来「故右大将軍」と表記されており、この部分に下線を引いて源頼朝を答えさせる問題もありますね。


ジェンダーギャップの話

男女格差の大きさを国別に比較した世界経済フォーラム(WEF)による、「グローバル・ジェンダー・ギャップ指数」2019年版が12月17日に発表された。
日本は、調査対象となった世界153カ国のうち、121位(2018年は110位)。
過去最低の順位だった2017年の114位(同年の調査対象は144カ国)よりさらに下位となった。主要7カ国(G7)で最低だった。(ハフポスト日本版)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191217-00010001-huffpost-soci&p=2

塾業界においても男女格差の問題は根深く残っています。20代の若手職員には女性がたくさんいるのに、校長以上の管理職になると女性は激減します。仕事のコアタイムが子どもたちが帰ってくる夕方以降というのはありますが、出産をした女性が同じように仕事を続けられる環境になっていません。企業として見たときは、現場以外の部署でということかもしれませんが、現場では続けられるイメージがないです。顧客は母親が中心になるので、もっと出産経験者の校責任者がいてもいいはずなんですけどね(現状の子育ての中心が母親といっていることになるので、矛盾はありますが)。

はっきりいって大学生講師を見ていると、男性より女性のほうが頼りになります。これは、主観ですが女性のほうが主体性を感じることが多い。男女の格差を解消するために女性に活躍できる場所を与えるべきという話になると「女性にだけゲタをはかせるのか」という声が出ます。しかし、現実は男性というだけでゲタをはかせている場面はいくらでもある。それが、自分の若いころを含めた実感です。

別に、社会に若い戦力がいくらでもあった時代は男性を中心に職場を回していけばよかった側面はあると思うんですよ。でも、人口減少に向かっていくこの日本で女性という重要な戦力を活躍させられない職場や業界や社会はやっていけなくなりますよ。

なお、ジェンダー…社会上の性別は、そこそこ入試でも狙われる語句なので覚えておくといいですね。


入試に出る都道府県 「奈良県」


・世界最古の木造建築である法隆寺がある。世界文化遺産に登録されている。
・710年に平城京に都がおかれた。東大寺・金剛峯寺などが世界文化遺産に登録されている。


・県南部の紀伊山地では林業が盛んで吉野すぎが有名。


・地図中Aは県庁所在地の奈良市。中学受験では、県庁所在地の場所を活用する問題が出題されることがあり、奈良市は県の最北部にあることに注意。


・大和郡山では金魚の養殖がさかん。

中堅以上の学校では、都道府県の形からどの都道府県かをわかるようにしたいですが、内陸県はそれが難しいので少し意識して覚えたいところです。

面積:約3690㎢(2019年)
人口:約133万人(2019年)


定期テスト時事問題予想 2019/12/10

中学生の社会科定期テストの時事問題の予想です。予想される出題頻度は◎<○<△<-の順です。

基本方針時事問題を出題する本来の意図は、生徒に世の中の動きに関心を持ってもらうことです。そして、中学生の定期テスト社会科において最も重要な学習内容は、教科書の出題範囲です。時事問題からの出題は数問で、あくまでおまけでしかありません。時事問題の勉強として何十項目と覚える時間があれば、もっと他に行うべき勉強があるはずです。ここでは「最小限の手間である程度の成果」をテーマに更新を行っていきます。

各国主要人物
現在の日本の首相を答えなさい。 安倍晋三
現在のアメリカの大統領であるトランプ大統領が所属する政党を答えなさい。 共和党
現在のイギリスの首相を答えなさい。 ジョンソン
現在のドイツの首相を答えなさい。 メルケル
現在のフランスの大統領を答えなさい。 マクロン
現在のロシアの大統領を答えなさい。 プーチン
現在の中国の国家主席を答えなさい。 習近平
現在の韓国の大統領を答えなさい。 文在寅
(ムン・ジェイン)
現在の北朝鮮の最高指導者を答えなさい。 金正恩
(キム・ジョンウン)
現在の国連事務総長を答えなさい。 グテレス
11月の主要な出来事
ラグビーワールドカップ日本大会で優勝した国を答えなさい。 南アフリカ共和国
38年ぶりに来日したローマ教皇の名前を答えなさい。 フランシスコ

スポンサーリンク