中学入試プレイバック2017 「東海中」

これまでこのシリーズは関東地方の中学入試を中心に取り上げていましたんで、今回は中部地方私立中の雄、東海中を取り上げたいと思います。

問 下の表の①~⑥は長野県・大阪府、および愛知県・沖縄県、東京都、新潟県の様々な統計データを示しています。長野県・沖縄県・東京都にあてはまるものを表中の①~⑥からそれぞれ選びなさい。また、表中Zはある観光・レクリエーション施設数を示しています。あてはあるものを下のア~エから選び、記号で答えなさい。

ア.海水浴場  イ.水族館  ウ.ハイキングコース  エ.動物園・植物園
(H29東海中)

 ①
製造品出荷額等(億円)  46,792 54,968 439,899 167,336 83,550 6,397
畑作面積(ha)  19,500  54,900  33,300  3,800  6,860  37,700
農業産出額(億円)  2,448  2,322  3,010  320  295  901
65歳以上人口割合(%)  29.9  30.1  23.8  26.1  22.7  19.6
温泉地  151  221  33  39  26  8
 55  110  25  4  33  5

この手の問題を解くときに考えるポイントは数値の大きいところから考えることです。つまり③の製造品出荷額が圧倒的に多いことから愛知県になりなす。逆に製造品出荷額が明らかに少なく、65歳以上人口が少ない⑥は沖縄県になります。プリントを配る先生
残りの中から、大阪府と東京都はもともと面積が狭いうえに宅地が少ないことから④・⑤が大阪都と東京都のいずれかになります。現在製造品出荷額において東京都は大阪府に勝てません。そこから、④が大阪府、⑤が東京都になります。
あとは、①・②が長野県もしくは新潟県になりますが、新潟県は稲作がさかんで畑作面積はそれほど多くありません。逆に、長野県は高原野菜の栽培などで畑作の面積は広くなります。
これで、①新潟県、②長野県、③愛知県、④大阪府、⑤東京都、⑥沖縄県ということになります。

あとは、Zにあてはまるレクリエーションですが、アの海水浴はありえません。内陸県の長野県に海水浴場はないからです。ここは山がちな地形の広がる新潟・長野にハイキングコースが広がっているとみるのが無難です。

 長野県:② 沖縄県:⑥ 東京都:⑤ Z:ウ

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする