中学入試プレイバック2017 「滝中」

 平安時代について述べた次の各文の正誤の組み合わせとして、正しいものをあとのア~エから1つ選び、記号で書きなさい。(2017年滝中改)
A 藤原氏は、自分たちの娘である天皇のきさきの周りに、教養や才能のある女性を集めた。
B 漢字を変形させたかな文字を用いることで、感情を書き表しやすくなった。
ア.A:正 B:正  イ.A:正 B:誤
ウ.A:誤 B:正  エ.A:誤 B:誤

クエスチョンマーク入試問題で複数の文について、その内容が正しいかどうかを問う問題はたいへんよく出題されます。意外とやっかいなのが、この問題のように全て正しい文で構成されているときです。誤っている文を見つける問題は、「この部分が正しくない」という特定の部分を把握すれば大丈夫です。それに対し、正しい文というのは「全ての部分が正しい」と認識できないと正しいと判断することができません。また、人間心理というものは不思議なもので、複数の文があればどれかは誤りだろうと思いがちです。そのため、なかなか全ての文が正しいという判断ができないのです。

なお、実際の問題では「平安時代」とは書かれておらず、「女流文学が栄えた」などのキーワードから平安時代と推測する問題になっています。

 ア



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする