中学入試プレイバック2018 「渋谷教育学園幕張中学」

良問が多くて、どれを取りあげようか迷った渋谷教育学園幕張中の2018年入試問題です。


以前、参勤交代の狙いは大名の財政悪化ではなかった話を取りあげました。この問題がよく作られているのは、引用文に基づいて答えを書かせることで史料を読み解く力を確かめながら、新しい学説を問題に使っているところです。

実のところ中学校の教科書でも

大名の参勤(江戸に来ること)は主従関係の確認という意味があり、第3代将軍徳川家光は、参勤交代を制度として定めました。(新編新しい社会歴史 東京書籍)

と参勤交代の目的をきちんと書いています。教科書できちんと書かれていることを定期テストや入試問題で踏まえない例がある中、さすが渋幕と感じさせる問題です。文書のサイズをA版に統一するメリットを問う問題など、初見問題に対する思考力を問う問題が満載で、社会科教師は一度見ておくべきですね。

答 (引用文では)参勤交代にかかる費用を減らすようにとあり、参勤交代の目的が大名の財政を圧迫することならそのような指示する必要はないから。

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする