中学入試プレイバック2018 「女子学院中学」

日本では字が読めるのは当たり前です。しかし、世界全体で見たときにそれは当たり前ではありません。今回取り上げた女子学院中でもそれが話題になっており、アフガニスタン・パキスタン、ネパールといった国では人口の半分程度しか字が読めません。ちなみに、識字率の低い国ほど女性の識字率が低いという問題が別で出題されています。世界には、さらに貧しい国もあるのでもっと識字率が低い国もあるはずです。

このグラフから読み取るべきは、女性の識字率が高い国ほど低くなるデータです。一般に社会水準が発達すると、子どもたちが学校に通えるようになり識字率が向上します。人口ピラミッドの考え方でいえば、多くの子どもが産まれるが多くが死んでしまう(多産多死)だったものが、多くの子供が成長する(多産少死)時期を経て、少子化(少産少死)する流れがあります。その知識を踏まえてグラフを読み取れば、そこまで難しい問題ではないですね。

よくよく考えると、イ・エは学校に行ける子供が増えている=識字率は上がるという想像は簡単にできるはずなので、選んではいけない選択肢と言えるでしょう。

答:ア・オ

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする