中学入試プレイバック2018 「東海中学」

先日紹介した、昼夜人口比率が含まれているデータを使った問題です。実際の問題では、このあと表中の①・⑤で昼夜人口比率が低い理由を問う問題が出題されています。

さて、この問題ですが大事なことはいきなり②、④、⑤を出そうとせず分かるところから埋めていくことです。まず、①は人口が最も多い県庁所在地ですから当然横浜市になります。
次いで人口の多い②が大阪市、③が名古屋市になります。どちらも昼夜人口比率が高いですね。東海中学というのは名古屋市にある最難関男子中ですので、名古屋市がわざわざ問題になっていないのも納得です。一般の感覚ですと、大阪市より横浜市のほうが人口が多いイメージも持ちにくいかもしれませんが、偏差値60超の志望校を受験する生徒には基本知識です。

④は人口の多い順に札幌市と答えてもよいですが、県外からの通学・通勤者が極端に少ないというのも大きなポイントでしょう。本州から札幌市に航空機で通勤する人は少数と予測できます。しかし、3000人近くもそんな人がいるんですね。ちょっとびっくり。

問題は⑤です。昼夜間人口比率が低いので東京周辺、つまり千葉市かさいたま市までは想定することができるかです。そして、さいたま市は百万都市ですが、千葉市はそうではありません。それをふまえると、⑤はさいたま市になります。

答 ②大阪市 ④札幌市 ⑤さいたま市



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする