予習シリーズ社会解説 「6年上第2回 国会のはたらき」

私は社会の授業をしていて、授業延長を絶対しないように時間配分をしていています。授業延長をしても、その分で学習をしたことは生徒が覚えていないからです。そんななかで、毎年「時間が足りない」と一番思う単元がこの「国会」です。それだけ量が多いということです。国会議事堂

まずは、定番について。この単元の週テストでbcやsクラスで記述問題で聞かれることはおおよそ2択です。それは、
二院制のメリット→慎重に審議が行える。
衆議院の優越→任期が短く解散があるため国民の意思が反映されやすい
この2つです。記述問題は配点も大きく、意外と定番で出題されるものがあるので、そういったものは授業で触れるようにしています。

二院制のメリットについて触れるということは、衆議院と参議院で任期や定数、被選挙権で違いがあるという説明につながります。このあたりの数字は記号問題で出題される可能性も高いので、aクラスの生徒でも得点源にしてほしいところです。

衆議院の優越について話すということは衆議院の優越がある国会の仕事と、優越のない仕事について触れることになります。国会の仕事については、多岐にわたりますが重要なところばかりなので、ここできちんと説明していきます。

意外とスルーされがちで、きちんと説明しないといけないことが2つあります。
1つ目は「過半数の意味」です。過半数と半分以上は違います。過半数は半分より多いなので、例えば10人の過半数は6人です。
2つ目は「多数決と少数意見の尊重」です。民主主義は最終的に多数決で決まるというのは子どもたちはある程度わかっています。その段階で少数意見も聞いて、その意見も取り入れつつ最終結論を出すという原則は分かっていません。たとえ話として、友達同士で何して遊ぶか決めるとき、いつも多数決だけで決めていたら少数派の人は嫌だろという話をします。現在の入試というのは単なる暗記ではなくこういった思考力が問われます。自分でテキストを見てるだけでは学べないことを伝えるのが授業です。

と、国会の仕事を話していたら時間切れになりやすいのは選挙です。そもそも論として、中学校の教科書では選挙と国会は別単元です。1回の授業でこれをぜんぶやるのはなかなかしんどいです。選挙は第8回で、一票の格差について説明する必要があるので、生徒の習熟度に応じて詳しい説明を回してしまうのも1つの方法です。

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする