中学入試プレイバック2019 「城北中学」

オーソドックスな国民投票についての知識を問う問題です。最難関中学のプレイバックもひと段落したので、これからはオーソドックスな問題を紹介しながら、入試問題で点数を取るのに直結する知識を確認していきたいと思います。

まず、ア・イは即消しです。アは長官だけが誤りです。「最高裁判所の裁判官」が正しい。「全ての裁判官」といった誤りパターンもよくありますね。イは正しいのは「衆議院選挙」。これも定番です。

正解はエです。たまに、「過半数か迷った」といわれることがありますが、投票の原則は過半数もしくは純粋に得票数です。憲法改正の発議のように「各議員の総議員の3分の2以上」というのが例外で、例外は確実に取り上げられますからね。

なお、国民審査は就任後最初の衆議院選挙で行われ、その後10年後以降の総選挙の際に再び行われます。授業で、この部分まで触れることはあまりない部分で少し難しいですね。

答:エ

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする