できる生徒は丸付けが違う

たいよう勉強法

「勉強をできるようにするには、どうすればいいですか?」

時々聞かれる難しい質問です。明快な答えはないですが、勉強できる生徒に共通する特徴はあります。今回はその1つを紹介します。

それは、丸付けが丁寧だということです。解答を見て、自分の答えを見て丸を付けるという当たり前の作業がきちんとできています。出来ない生徒の丸付けを見ていると間違えているにもかかわらず丸を付けることが本当に多い。それでは、せっかく勉強したのに無駄になってしまいます。
解答と自分の答案それぞれの見たい部分を指さし確認(ペンでいいです)しながら、1つ1つ丸付けをする丁寧が欲しいです。

それから、できる生徒は丸付けをこまめにします。以前にも書いたかと思いますが、テキストはステップアップできるように同じ単元で徐々に難易度を上げて問題がつくられています。基本問題→標準問題→応用問題といった風ですね。これをまとめてやってまとめて丸付けしたら同じ間違いを繰り返すという無駄な作業になってしまいます。

そもそも、問題を解いたらすぐに丸付けをしていますか?「丸付け忘れた」というのは本来あり得ないことです。問題を解いたら、正解か気になりませんか?それが気にならないというのなら、その勉強は単なる作業として文字を書いているだけです。

そして、問題を解いたら必ずどこが間違っていたかテキストに戻って確認をする。よくあるのが、ノートに丸付けだけしてすぐに次の問題を解き始める。これでは、どう間違えて何を覚えればいいかわからない。結局同じ間違いをする。勉強は何のためにするのか、それは同じ間違いを繰り返さないようにするためです。

勉強ができるようになるコツは、たくさん間違いをしてその間違いから正しい答え・解き方を覚えて次は間違えない。その単調な作業の繰り返しにつきます。コツコツ頑張りましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました