予習シリーズ社会解説 「4年上第14回 雨の少ない地方のくらし」

日本で一番狭い都道府県である香川県が登場する回です。讃岐うどんは知っていても、香川県は知らない生徒が多いのでまずはそこからですね。県庁所在地の高松市はここで覚えてしまいたいです。なぜなら、中国・四国地方の県名と県庁所在地の違う都市が、高松市の他が松江市(島根県)、松山市(愛媛県)と覚えにくいからです。1つでも確実にこれだと言い切れるものを作っておくと後が楽です。

予習シリーズには瀬戸内地方の断面図があり、季節風と地形が瀬戸内に与える影響が説明されています。ここで、大事なのは前の回で説明した高知県と内容がつながっていることを生徒が認識することです。ここを別のことだと思ってしまうと覚えることが多くなってしまいますし、応用が利かなくなります。

讃岐平野は雨が少ないので昔はため池をつくり水を蓄えていたが、現在は隣の徳島県の吉野川から水をひく香川用水ができたというのは入試の定番ですね。香川用水と吉野川はセットで登場することが多いので、吉野川は香川県を流れる川と勘違いすることが多いので気を付けましょう。ちなみに、最近の入試ではため池の代表格である満濃池と高知県の早明浦ダムを聞く問題はほとんど出ません。
吉野川は「四国三郎」という別名があります。男の子の名前が付いた川は洪水の多い暴れん坊な川という知識は記述問題で聞かれますね。ちなみに他には
利根川…坂東太郎
筑紫川…筑紫次郎
があります。

かつて瀬戸内では塩田がおおくあり、塩づくりが盛んだったことが予習シリーズに掲載されています。この話は5年生になると使われなくなった塩田を工業用地として使うようになり瀬戸内工業地域へと発展していったという知識につながります。
現在の日本の塩の自給率は10%強と低くなっていますが、食用の塩はほぼ自給できます。輸入している塩の大半は工業用として使われており、メキシコやオーストラリアから輸入しているそうです(「塩百科」より)

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする