入試に出るサッカーワールドカップ2018出場国(後編)

サッカーワールドカップ出場国で入試に出題されることを紹介する後半戦です。

E組

ブラジルは南米最大の人口と面積(ともに世界5位)を持つ国です。社会科でサッカーが盛んと書かれていたら大抵ブラジルですね。最大の人口を持つ都市はサンパウロですが、首都はブラジリアです。
世界最大の流域面積を持つアマゾン川を持つブラジルは、世界の中でも水力発電の割合が高いことで知られています。アマゾン川周辺の熱帯林のことをセルバといいます。
ブラジルの産業といえばコーヒーで、現在もコーヒーの生産・輸出は世界一ですが、経済の発展とともに輸出全体に占める割合は減少しています。日本にとっては鉄鉱石の輸入相手国第2位です。
20世紀初めに多くの日本人がブラジルに仕事を求め移住をしました。南米で日系人が最も多い国がブラジルで、現在多くの日系ブラジル人が日本の工場に仕事をしにきています。愛知・静岡・群馬といった工場の多い県で在日ブラジル人の割合が高くなっています。
1992年にはリオデジャネイロで地球サミットが開催されました。

スイスはEUに加盟していない永世中立国というのが最大のポイントです。地図で場所を確認しておきましょう。国際連盟の本部がジュネーブにありました。

セルビアはバルカン半島の国という程度は知っておいてよいでしょう。コスタリカは中米の国です。出題されるポイントは特にありません。

F組

韓国は日本から見た貿易額は中国・アメリカに次いで第3位の国です。首都はソウルで現在の大統領はムン・ジェイン(文在寅)氏です。
朝鮮半島の文字をハングルで、女性の民族衣装をチマ・チョゴリといいます。
隣国ということもあり、韓国(朝鮮半島)と日本の歴史的なつながりは深いです。古墳時代に朝鮮半島北部にあった高句麗とヤマト政権は戦ったと好太王碑に記録されています。6世紀には百済から仏教が伝わり、663年にはその百済を救援すべく新羅・唐と白村江の戦いを行い日本が敗れています。その後、新羅が朝鮮半島を統一しましたが、唐の滅亡にあわせて高麗に国が変わります。元寇では、元軍に従い日本と争いました。
減の滅亡に合わせて高麗も滅亡し新たに朝鮮が半島を統一します。豊臣秀吉の朝鮮侵略により関係が悪化しましたが、江戸幕府は対馬の宗氏を介して関係改善に努めます。江戸時代、唯一正式に国交を結んでいた国として将軍が代わるたびにお祝いの使者である朝鮮通信使が日本に訪れました。
明治時代になると日本は朝鮮半島に勢力を伸ばします。1875年の江華島事件をきっかけに不平等条約である日朝修好条規を押し付けました。1894年甲午農民戦争をきっかけに日清戦争がおこります。日露戦争で朝鮮半島の優越権を手にした日本は朝鮮統監府を置きます。初代統監である伊藤博文が暗殺された翌年である1910年韓国併合を行いました。1919年には反日の暴動である三・一独立運動がおきています。
第2次世界大戦後は韓国と北朝鮮に分裂し、1950年朝鮮戦争が起こります。現在の国境は北緯38度を基準に分けられているのは入試でもよく聞かれるポイントです。

ドイツはEUの中心国であり、人口はヨーロッパの中でも最大です。国土面積が日本より少しだけ少ない(約35.7万㎢)というのは中学校の教科書で触れられている知識です。首都はベルリンで、現在の首相はメルケル氏です。
フランスなども通る国際河川であるライン川沿岸にあるルール工業地域が有名です。日本にとっては自動車の輸入相手国第1位がドイツです。
歴史的なつながりといえば、まず大日本帝国憲法をつくるときに伊藤博文が留学した先がドイツです。君主県の強いドイツの憲法を参考にしたというのは記述の定番です。日清戦争が終わるとフランス・ロシアとともにリアオトン半島を清に返還するよう求める三国干渉を行っています。
第1次世界大戦では三国同盟の中心としてイギリス・フランスと対立。最終的に敗北し、ベルサイユ条約では多くの領土を失いました。その後、ナチスのヒトラーが台頭し、ポーランドへの侵攻をきっかけに第2次世界大戦が起こります。ユダヤ人への迫害が激化したのもこのときです。
敗戦後、ドイツは分断され首都ベルリンも東西に分けられます。1989年に、そのベルリンの壁が崩壊し、翌年に東西ドイツが統一され現在に至ります。

メキシコはアメリカとリオグランデ川をはさんで国境を接していることが、教科書に載っています。かつてはアステカ帝国という国が栄えたことも歴史で出題されます。

スウェーデンは首都のストックホルムで1972年国連人間環境会議が開催された国です。

G組

イングランドはイギリスの一部です。イギリスにはほかにもスコットランド・ウェールズ・北アイルランドという地域がありますが、歴史的な経緯からサッカーでは別々の組織として参加しています。スコットランドは、スペインのカタルーニャ地方と同様に独立運動が起きていることは知識として知っておいていいでしょう。本稿ではイギリスについて説明します。
イギリスとの首都はロンドンで本初子午線が通ります。首相はメイ氏です。フランスとの間にはドーバー海峡があり、ユーロトンネルでつながっています。北海油田があり、イギリスは産油国であるというのはポイントの1つです。イギリスはEUの加盟国ですが、国民投票で離脱をすることが決定しています。地域通貨であるユーロを使っていないのもポイントです。
イギリスは17世紀に市民革命(清教徒革命・名誉革命)、18世紀に産業革命と歴史的な大きな変化を最初に体験した国です。かつては「太陽の沈まぬ国」「世界の工場」と言われていました。
日本が日米修好通商条約を結んだあと、イギリスとも同様の条約を結んでいます。幕末、最大の貿易相手国はイギリスで生糸を輸出していました。生麦事件・薩英戦争をきっかけに薩摩藩とイギリスは接近しています。
1894年に領事裁判権の撤廃に最初に成功した相手がイギリスです。1902年には対露政策として日英同盟を結びます。第1次世界大戦では三国協商の中心国としてドイツと争いました。第2次世界大戦では大西洋憲章を発表、国際連合のもととなります。1941年、日本はイギリス植民地のマレー半島に侵攻し太平洋戦争がはじまりました。

ベルギーはオランダ・ルクセンブルクとともにベネルクス3国と言われる国です。首都ブリュッセルにはEUの本部があります。オランダの場所は基本知識ですので、その隣と覚えておきたいです。

パナマは中米の国で太平洋と大西洋をつなぐパナマ運河が有名です。チュニジアは北アフリカの国です。入試で出題だれることはまずありません。

H組

まず、日本は割愛します。ポーランドはヨーロッパの中央にある国です。1939年ドイツがポーランドに侵攻したことで第2次世界大戦がはじまりました。

コロンビアはコロンブスに名前が由来する南米の国です。セネガルはアフリカの国です。ともに、入試ではあまり見かけない国ですね。

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする