じゃがいもの生産が多い市町村ベスト20

やせた土地でも育ち、寒さにつよく、年に複数回収穫することができ炭水化物(デンプン)がとてる作物。それが、じゃがいもです。ただし、連作障害がおこりやすく輪作で育てる必要がある作物でもあります。ちなみに統計上の名称は「ばれいしょ」です。
日本では、北海道で全国の4分の3を生産しています。

じゃがいもの収穫量の多い市町村トップ20(2016年)

順位 都道府県 市町村 収穫量(t)
1 北海道 帯広市 111,500
2 北海道 網走市 106,400
3 北海道 芽室町 95,700
4 北海道 斜里町 93,300
5 北海道 小清水町 88,300
6 北海道 清里町 86,100
7 北海道 大空町 84,300
8 北海道 幕別町 77,400
9 北海道 士幌町 73,200
10 北海道 更別村 69,100
11 北海道 北見市 68,000
12 北海道 音更町 61,800
13 北海道 美幌町 53,000
14 長崎県 雲仙市 38,500
15 北海道 倶知安町 36,200
16 北海道 鹿追町 35,000
17 北海道 中札内村 35,000
18 北海道 美瑛町 33,700
19 北海道 訓子府町 32,000
20 北海道 豊頃町 27,700

とまぁ、見ての通り北海道祭りです。ちなみに芽室(めむろ)町、音更(おとふけ)町、美幌(びほろ)町、倶知安(くっちゃん)町、鹿追(しかおい)町、中札内(なかさつない)村、美瑛(びえい)町、訓子府(くんねっぷ)町とアイヌ語を発祥とした独特の読み方をする地名が並んでいます。最も、アイヌに限らず全国に難読地名はいくらでもありますけどね。

じゃがいもといえば北海道ですが、社会科では収穫量2位長崎県も重要です。雲仙市は島原半島にある街です。名前の通り、雲仙普賢岳のふもと(北西)のありますが、1991年の噴火で大きな被害を受けたのは山の東にある島原市です。

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする