ほうれんそうの出荷量が多い市町村ベスト20

今回はほうれんそうの出荷が多い市町村のランキングです。都道府県別でみると千葉県・埼玉県・群馬県と近郊農業よりの都道府県が多いですね。

ほうれんそうは葉野菜の中でも鮮度が命なので、消費地に近いところで生産される傾向が強くなるようです。ほうれんそうは収穫まで1,2か月なので、夏以外であれば比較的年中栽培されている作物で、家庭菜園でも比較的育てやすい作物とされます。生産地が分散しているのはそういう理由もありそうです。

ほうれんそうの出荷の多い市町村(2016年)

順位 都道府県 市町村 出荷量
1 岐阜県 高山市 8,600
2 群馬県 太田市 5,350
3 福岡県 久留米市 3,740
4 群馬県 伊勢崎市 3,650
5 埼玉県 川越市 3,040
6 群馬県 昭和村 2,820
7 徳島県 徳島市 2,750
8 埼玉県 所沢市 2,720
9 埼玉県 狭山市 2,050
10 群馬県 渋川市 1,880
11 群馬県 前橋市 1,860
12 埼玉県 三芳町 1,360
13 徳島県 石井町 1,340
14 栃木県 日光市 1,330
15 群馬県 みどり市 1,320
16 栃木県 下野市 1,260
17 栃木県 那須塩原市 1,160
18 岩手県 八幡平市 939
19 奈良県 天理市 930
20 埼玉県 ふじみ野市 918

都道府県別では6位の岐阜県高山市が市町村別では1位になりました。高山市は面積が2,178㎢あり、日本で一番広い地方自治体です(香川県より広い)。ほうれんそうの旬は秋・冬ですが、飛騨地方の高山市は夏でも涼しいため、夏に生産する高冷地農業が盛んです。

群馬県太田市、福岡県久留米市はそれぞれ工業で登場する街です。太田市は自動車、久留米市は久留米がすりとゴムで有名です。

ところで、ネットで「ほうれんそう」を調べようとしたら、「報(告)・連(絡)・相(談)」の「ほう・れん・そう」ばかりが検索されたのは何ですかね。

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする