予習シリーズ社会解説 「4年下第12回 畑でつくられるもの~日本の農業(2)~」

今回は、畑でつくる作物のうち米以外の穀物、いも類、工芸作物です。

穀物という子どもたちに聞きなれない言葉が登場します。穀物は米や麦など主食となる植物を指します。とうもろこしや豆などが主食になる国もあるというと意外がられます。炭水化物という栄養素に触れてもいいでしょう。
とうもろこしや大豆などは飼料作物に大半が使われることも触れておく必要があります。

小麦・大豆・じゃがいもと1位が北海道の作物が続きます。受験知識としては2位も覚えておく必要がありますが、4年生段階では1位北海道だけ覚えておけばいいです。むしろ、以前に学習した十勝平野で畑作がさかんということを確認するほうが重要です。

とうもろこしやさとうきびを原料としたバイオ燃料は4年生はまず知らないことですし、再生エネルギーを重要視する現代では入試でも頻出なのでぜひ覚えさせたいです。バイオは生物という意味にも触れておきたいですね。

さて、工芸作物とは工場で製品に加工される作物のことです。
まず、砂糖の原料となるさとうきびとてんさいです。さとうきびは沖縄・鹿児島、てんさいは北海道と全く生産地が逆ではっきりしているのですが、混同は多いです。てんさいは生産の100%を北海道でしている珍しい作物なので、確実にそのことを伝えます。てんさいは形がイメージできないですが、別名「さとうだいこん」というとシンプルで分かりやすいです。

「学習を深めるページ」でについて詳しく書かれています。社会科では「お茶」と書くと不正解になるので注意します。「お茶」は飲み物だから、畑にペットボトルがついてる感じになっちゃうというとそこそこ笑いが取れます。茶といえば静岡県ですが、最近鹿児島県が早く出荷できることと大規模な農業で生産量を伸ばしています。もしかすると、順位が入れ替わることもあるかもしれません。茶にとって霜は大敵で畑にファンを設置しているところもあります。写真が問題にあって、目的を聞く問題も先々登場します。

いぐさ・こうぞ・みつまた・紅花・うるしは写真で見る機会がなかなかないので1つ1つ目でみて確認するようにしていますね。

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする