予習シリーズ社会解説 「4年下第17回 食べ物は日本でつくられる?」

6回にわたった農業単元の最後は日本の農業の特色についてです。

食料自給率は入試でも頻出のテーマです。国内消費量÷国内生産量×100(%)で掲載できることは知っておきたいですね。数値面で、覚えておきたいことは、全体の自給率が約40%、米は100%だが穀物だと30%弱、野菜が8割、肉と果物が半分、小麦が約15%、大豆が5%であること。そして、全体的に低下傾向にあることです。
特に、小麦・大豆は頻出で低いほうが大豆とわかっている必要があります。

食料の輸入が増えた理由は、「食生活の多様化(洋風化)」「海外のほうが価格が安い」という2点は抑えておきたいです。貿易の自由化については安易に深入りしないほうがいいでしょう。

輸入農産物の課題というと「安全性のチェックがしにくい」「相手国の事情で輸入できなくなったとき食料が不足する」といったあたりが定番です。ただ、実際のところ、そこまで単純化できるものではないのか、最近の入試で問われるイメージは薄いです。国内なら安全、海外は不安と取られてしまいかねない内容ではあると思います。

日本の農家の規模が約2haというのは、知っていても損はない知識です。ただ、入試でピンポイントで聞かれるかといえばそうでもないかと。ただ、日本の農業規模がどの程度かは感覚として知っておきたいです。農地の減少に対して農家の戸数の減少が大きいので、一戸当たりの農地面積は増加しています。

農業の分類といえば、専業農家と兼業農家です。しかし、現在では8割以上が兼業農家のため、販売農家自給的農家という新しい分類が使われています。ただ、専業・兼業は一般用語として使われるので、区別して覚えておきましょう。
ここで意外と大事なのは高齢者が65歳以上だということです。

農業のはたす役割、これからの農業は?といった内容は太字の語句がないため一見重要ではなさそうに見えます。しかし、農業の果たす食料生産以外の役割を答える記述問題がありますし、これからの農業の工夫についての記述問題も多く、先々重要です。授業では、きちんと時間をとって説明します。
特に、農家が生産した作物を自分たちで加工、販売まで行うことを6次産業といって入試問題での出題例もあります。

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする