中学入試プレイバック2019 「ラ・サール中学」

なかなかいやらしく都道府県を説明した問題です。

Aは2つ政令指定都市があると説明されていますので、選択肢は2つ以上政令指定都市のある神奈川・静岡・大阪・福岡に限られます。神奈川県の川崎と横浜、大阪府の大阪・堺は南北に接しているので、当てはまりません。福岡県の北九州と福岡は北九州が県東部、福岡が西部にあるので逆です。

静岡県は浜松が県西部に、静岡が県東部にあります。自動車工業が盛んということも当てはまるので、Aは静岡県とわかります。ということはAの空らんに当てはまるのは「ピアノ」になります。楽器といえば浜松ですが、現在浜松市にあったピアノ工場の大半は周辺の都市や海外に移転しています。

Bはやや難解です。ポイントは製紙パルプ業が盛んだということです。製紙パルプ業といえば、静岡県富士市が定番ですが、静岡県はAなので違います。あと、製紙パルプ業の都市というと北海道苫小牧市ですが、文章から違うのは明らかです。製紙・パルプ業の生産が静岡県に次いで愛媛県が2位ということを知っていれば一発ですが、じゃあ愛媛県の製紙パルプ業の都市はどこと言われて答えられる受験生はほぼいないです(四国中央市)。愛媛県と製紙・パルプ業を関連付けする要素が少ない分なかなか思い出しにくいと思われます。むしろ、造船業が盛んな都市から、長崎・佐世保・神戸・呉(ちなみに呉は問題の別の部分で登場しています)・今治…今治のタオルだ!と思いついて答えるほうが楽でしょう。なお、文中に出てくる銅山は別子銅山で県東部の都市は新居浜市です。

なかなか文章の説明でひねりを入れた問題だなと思って見ていたのですが、その先にある問題で脱力しました。

こんなの、みかん確定じゃん。B愛媛、A静岡確定じゃん。途中の問題が別の問題のヒントになることはよくあるのですが、ラ・サール中ほどの難関中がこんな見え見えのヒントを出してはダメです。せっかく文章から推論をたてる問題をつくっておきながら、この表1つでぶち壊しです。

他にも全体的にリード文と設問が浮いている問題が多く、どうもここ数年ラ・サール中の問題は「難関校の問題としては」首をかしげる問題が多いですね。

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする