中学入試プレイバック2019 「東海中学」

社会科の学習において、都道府県・県庁所在地は基本中の基本です。それだけに、いろんな問題のバリエーションがありますが、この問題はとびきりです。なんといっても選択肢に県境が書かれていない。これが、問題の難易度をはね上げています。普段から多くの入試問題を見ている私でも二度見したぐらいですから、受験生にとっては厳しかったと思います。

ただし、この問題。落ち着いて考えれば、ちゃんと解けます。一見難しそうに見える問題を解けるようにしているポイントは2つ。まず、百万都市が記載されていることです。百万都市を覚えるのは受験生の基本ですから、それを使えばある程度特定できます。もう1つは、全ての選択肢を使う問題になっていることです。要は、確定した選択肢を除外して残ったものからあてはまることができるということです。もし、これに1つでもダミーの選択肢があったら、まず解けないと思います。
使う知識としては、小5レベルでも解ける問題です。手順を踏んで考えることが求められるので、テキストの発展問題などで引用されそうですね。面白い問題だと思います。

さて、解き方です。まず百万都市が3つある①と⑤から考えます。このような地方は関東地方と近畿地方しかありません。縦に、さいたま市・東京・横浜市と並ぶ関東地方(B)が①で確定です。なお、離れた□は千葉市です。
⑤が近畿地方です。上部の2つの印は京都市・大津市です。この2つが近接しているのは、都道府県の位置問題では定番です。下が神戸市・大阪市・奈良市です。

残った選択肢にはそれぞれ百万都市の県庁所在地が1つずつあります。地図を見ると、Aにある百万都市は仙台市、Cが名古屋市、Eが広島市、Fが福岡市と推定できます。
まず、②がCです。岐阜県の県庁所在地・岐阜市は県南部にあり、愛知県の県庁所在地・名古屋市に非常に近いです。首都圏でこの知識を使うとなると難易度は上がりますが、この問題は愛知県の最難関中の問題です。受験者には知っておいてほしいところでしょう。県庁所在地の位置を答える問題では、東北地方の山形市・仙台市・福島市が近くにあることも知識として問われます。④がAです。

残ったのが、E・Fです。ポイントは③の□にあてはまる都市です。Eをよく見ると、下のほうで四国にかかっているんですよね。③の□は愛媛県松江市です。これは難しい。ただ、Fには福岡市以外の県庁所在地が含まれていなさそうなこと、そもそも福岡市は福岡県の中でもかなり西に位置するため、③の■を福岡市として考えるには無理があることから判別できます。

 A:④ B:① C:② D:⑤ E:③ F:⑥

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする