予習シリーズ社会解説 「5年上第19回 地形図と統計資料の読み方」

最近の入試では、受験生にとって初めて見る資料を使って、考えさせたり読み取らせたりする問題がよく出題されます。そのときに、使われる資料の1つが地形図です。問題作成者にとって地形図は入手がしやすいこと、農業・地形・災害など他の知識も聞く複合問題が作成しやすく、使い勝手がよいからです。地形図について、予習シリーズでは4年上で学習していますが、地理の学習を一通り終えた、このタイミングで復習をすることは意味のある事です。

最初に渋谷の話が取り上げられています。東京23区の西側が、意外と高低差がある話は入試でもよく取り上げられており、地下鉄渋谷駅のホームが地上3階にでる話から地形の特徴を答えさせる問題も出題されています。

地形図では面積の問題に注意が必要です。例えば、こういう問題です。

問 5万分の1の地図で一辺2cmの正方形の面積の実際の面積を答えなさい。

地図上でいえば、面積は2cm×2cm=4㎠です。意外と多くの生徒が4㎠×5万=20万という計算をして混乱します。

この手の問題では必ず地図上の長さを実際の長さに変えてから面積を出すようにしましょう。この問題では2cm×5万=100000cm=1kmとなり、1km×1km=1㎢と答えが出てきます。
縮尺は相似の一種なので、相似比が1:2の場合、面積比は1:4になります。4㎠×5万×5万=10,000,000,000㎠と出してから、㎡や㎢に直すのはミスの元です。

上の地図は予習シリーズに掲載されているものと同じものです。地図の読み取り方について、順を踏んで説明されており、予習シリーズのクオリティの高さを感じる単元です。教える側として、カラーなのがありがたいです。

統計資料の読み取りについては新しく覚えることはとくにありません。この単元に限らずですが、教える側として気を付けていることは子どもたちは思っている以上にグラフや図を見て読み取りができないということです。棒グラフ・折れ線グラフで縦軸・横軸をみて数値がどれくらいなのかを発問で確認をよくするようにしています。

「割合と実際の数値」は違うというのは、正誤問題のひっかけで使われます。
例えば、1960年で日本の工業地帯・地域の出荷額のうちうち京浜工業地帯の占める割合は24.7%でした。これが、2013年には8.6%と約3分の1になっています。大きく割合が下がっていることが分かります。しかし、実数にすると違います。1960年と2013年では全国の工業規模が違うためです。
1960年 約15兆6000億円×24.7%=約3兆8000億円
2013年 約293兆9000億×8.6%=約25兆3000億円
となり、実数で見れば、1960年と比べて衰退しておらず、日本全体の工業規模が上がったため相対的に京浜工業地帯の割合が下がったことが読み取れます(なお、1990年ごろは京浜工業地帯の出荷額は50兆程度あり、その時期と比較すると衰退しているといえます)。
こういった、実数と割合を混同させる記号のひっかけ問題は入試の定番ですね。

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする