入試に出る川 「利根川」



関東平野を流れる日本で最も流域面積の広い川が利根川です(長さは2位)。河口には沖合漁業が盛んな銚子港があります。


利根川は洪水の多い暴れ川として知られ「坂東太郎」とよばれます。下流域は水郷地帯と呼ばれ、古くから早場米の栽培が盛んなことで知られます。支流の中には足尾鉱毒事件が起きた渡良瀬川(栃木県)があります。

利根川は関東地方一帯が水域に含まれますが、唯一神奈川県だけは水域に含まれていません。時折、利根川の水域に含まれない都道府県を記号で答える問題が出題されることがあります。

読み:とねがわ
流域:群馬県・栃木県・埼玉県・茨城県・千葉県(支流を含めると長野県と東京都も入る)

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする