入試に出る都道府県 「鳥取県」


・鳥取県は現在、日本で最も人口の少ない都道府県である。
・日本最大級の砂丘である鳥取砂丘が有名。


・地図中Aは日本海側を代表する漁港である境港のある境港市


・地図中Bは伯耆富士とよばれる大山

鳥取県といえば、かつては日本なしの生産がさかんというのが定番知識でした。現在、鳥取県の日本なし生産は全国5位前後と地位が低下しており、出題しにくくなっています。砂丘をかんがいによって農業をしやすくして、らっきょうなどを生産しているといったことは、教科書で掲載されていますね。

面積:3,507㎢(2019年)
人口:約55万人(2019年)

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする