中学受験を始める時期

塾の先生年が明けると塾では入試とともに新学年を迎える一番忙しい時期に入ります。中学受験では2月から、それ以外では3月から新学年になるのが進学塾のオーソドックスなパターンだと思います。今回は、中学受験をスタートするベストの時期についてお話したいと思います。

インターネットで「中学受験 開始時期」などで検索をすると、3年生からや4年生からという意見が多く、5年生では遅いのかという質問も見かけます。まず最初に言いたいのは「早いほうがいいに決まっている」ということです。
中学受験では6年生の2月ごろに入試本番があります。つまり、明確にそこがゴールです。これを変えることはできません。遅くから始めるほど、ゴールに向かって全力で向かうことが求められます。早くから始めて損なことは一つもありません。

私は四谷大塚の予習シリーズを使って授業をしているので、予習シリーズを基準に話をします。四谷大塚の設定している中学受験の標準的なスタート時期は新4年生(3年生の2月)からです。なぜなら、四谷大塚のメイン教材である予習シリーズを使って授業を開始するのが3年生の2月だからです。四谷大塚のカリキュラムでは、3年間かけて受験に必要な知識や技術を習得していくことになります。
また、入試で合格するには知識や技術だけではなく「勉強する姿勢や考え方」も重要です。新4年生より早くスタートした場合、その部分に重点を置いた指導を前もってすることができる分、有利になります。もっとも、首都圏最難関になるとその前もっての部分が当たり前になっているのが恐ろしいところです。

受験勉強を始める時期の話をしていると時折聞く意見として「早くから始めると息切れしてしまうのではないか」というものがあります。これに対する結論は一つで「息切れするのは子供ではなく親」だということです。6年生になって成績が伸び悩む生徒もそうなのですが、塾に入ってすぐに成績を求め、親が勉強に口を出しすぎて、子どもがそれに頼り自分で考えなくなり、そんな姿勢に親が疲れてしまう。これが、息切れの正体です。どちらかというと、受験を始めた時期の問題よりも親がどこまで子どもの勉強に関わるか、また関わる方法の問題です。「早くから始めたら息切れしちゃって」という体験談は「子供に構いすぎたら疲れちゃった」という告白ぐらいに考えたほうがいいです。

とは言ったものの、じゃあ新4年生からスタートしないと間に合わないかというと決してそんなことはありません。間に合います。予習シリーズに限らずですが、どんな中学受験の教材でも繰り返し勉強することで学習内容を定着させるカリキュラムになっています。ですので、4年生の学習内容は5年生でも学習しますし、6年生でも学習します。
そもそも、首都圏のようにもとから中学受験の熱が高く、情報も豊富な地域ばかりではありません。5年生や6年生から受験勉強を始める生徒も多数いる地域がある以上、それに合わせて教材を作成するのは当然です。だから、たとえば5年生からスタートしても一通りの学習ができるように教材はできています。

そういうと、「じゃあ5年生からで大丈夫ですね」と気の抜けたことを言う人がいます。では、なぜ繰り返し学習するようにカリキュラムはできているのでしょうか。それは、繰り返し学習しないと定着できないからです。中学受験の学習内容はとても高度なことも含まれます。1回聞いただけでできるようなものでは、なかなかありません。「5年生(6年生)からでも十分間に合った」という体験談を聞くことがあるかと思います。それは、間違いではありませんが、全ての子どもにあてはまる絶対的な意見ではないのです。

最後に、受験勉強を開始する時期ということで集団指導塾を念頭に話をしてきましたが、集団指導塾の場合、入る月も重要です。4年生でも5年生でも具体的には2月の新学年のスタートがベストです。
カリキュラムというのは毎週の積み重ねです。2月に学習した内容を前提に3月は学習をしていきます。年度の途中で塾に入るということは前提を飛ばしたうえで授業をきくことになるということです。例えば、4年生の5月に入室したとすると、2~4月に行った内容を学習するのは夏休み講習です。そこまで、習っていない内容がある状態で、かつ周りは知っている前提で話が進んでいくのでなかなか大変です。
2月の新学年の切り替え時期や、春夏冬の季節講習といったカリキュラムの切り替わり時期が塾での学習をスタートするのに適した時期です。新しく始める生徒が多い分指導する側もそれに配慮して授業をすることも大きいです。
ただし、5,6月や10,11月といった中間期に受験を決意する場合もあると思います。その場合は、タイミングのいい時期まで入塾を待つか、最初のうちは塾のペースになれる時期と割り切って鉄は熱いうちに打てと判断するか、正解はないので、入る予定の塾と相談するのが一番でしょう。

長々と書いてきましたが、一番大事なのはどのような姿勢で学習をするか、またさせるかです。どれだけ時間をかけてもダメな場合もありますし、その逆もしかりということを締めの言葉とさせていただきます。

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする