基本ができていないから入試問題はまだやらないという虚構

受験生にとって秋は志望校の入試問題(以下、過去問)を解き始める時期です。科目によって始める時期は変わりますが、社会の場合、中学受験ならこの9月から、高校受験なら2学期の期末テスト(2学期制なら後期中間テスト)の終わる11月前後が標準的な時期でしょう。社会科は学習していない単元の演習をすることが難しいため、一通りの新規単元の解説が終わったこの時期になります。

過去問の演習を始めると確実に起こる声としてこんなものがあります。
「まだ、基本ができていないから入試問題やってもしょうがない」
「基本を定着してから入試問題をやりたい」

といった内容です。端的な結論を言えば「いいから入試問題をやれ」になります。

入試問題を解いていて、できなくて基本がわかっていないという判断をすることは間違っていません。ただしそこで、入試問題の演習をやめて、基本問題の演習に切り替えるという判断が誤りということです。もし、基本問題の演習をしたいなら、入試問題の演習をしたうえで基本問題の演習行わなければならないです。入試というのは明確にゴール(受験日)が決まっています。最終的に到達しなければならない部分は一緒です。過去問の演習を遅らせることはゴールに到達するのが遅くなる(=点数が取れない)ということです。

そもそも、基本問題を演習しても入試問題の点数の向上には直結しません。入試問題は基本問題をただ解くだけの問題ではないからです。具体的な例を示しましょう。

 次のア~エは、奈良時代から室町時代にかけて著された書物などについて述べたものである。時期の古いものから順に記号を並べよ。(2018年東京都公立高校)
ア 元軍を防いだことに対する恩賞などについて、幕府に対する御家人の不満が高まる竹崎季長の活躍などを表したとされる「蒙古襲来絵詞」が製作された。
イ 遣唐使の派遣が停止され、我が国の風土や暮らしに合った文化が生まれる中で、清少納言により、宮中での日々などについて記した「枕草子」が著された。
ウ 寝殿造と禅宗の建築様式を折衷した金閣が建てられるなど、大陸の影響を受けて新たな文化が生まれる中で、足利義満に保護された世阿弥により、能についてまとめた「風姿花伝」が著された。
エ 律令国家の仕組みが定められ、中央集権的な体制が形成されるなかで天武天皇の子である舎人親王らにより、天皇に関する記述を中心に我が国の歴史をまとめた「日本書紀」が編纂された。

元・清少納言・金閣・日本書紀といった分かりやすいキーワードがあり、並べ替えの問題としては、かなり初歩の問題です。アは鎌倉時代、イが平安時代、ウが室町時代、エが奈良時代です。答えは「エ→イ→ア→ウ」です。

基本問題の演習というと、歴史の問題は時代ごとに分かれて。基本問題の演習をしてそれぞれ語句を覚えたとしても、それがいつの時代なのかということが分かっていないと入試問題では正解できません。

入試問題ができないから基本問題をやるという発想をするのは「間違えたり分からなかったりするのが嫌だ」という発想からです。間違えることを恐れてはいけません。大事なのは、間違えたときに「どこで間違えたのか」を解説を見て確認、追求することです。教科書に戻って内容を確認することも大切です。
入試問題は実は無限のパターンがあるわけではなく、出やすい内容というのはある程度決まっています。それを、効率よく解説するのが塾の役割ですし、自分で出やすい内容を見つける力を身につけるのが受験勉強です。

「解説をよく読め、間違えたところを教科書で確認しろ」というとめんどくさいという顔をする生徒も多いのですが、同じ問題を繰り返し間違えて志望校に不合格するほうがよっぽどめんどくさいと思うのですが、いかがでしょう。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする