学校教師の自作プリント問題

プリントを配る先生塾側から見て中学生のテスト対策ので一番やっかいな存在に「学校のプリント」があります。特に社会科の場合、学校の教師が教科書に載ってもいないことをプリントでやたら作ってテストに出したりするんですよね。昨日、他の社会科講師がテスト対策向けの小テストを作っているのを見て、びっくりしてしまいました。なにかというと、その問題の難しさに。

問 ナチスが整備したドイツの高速道路のことを何というか。
答 アウトバーン

なお、これは歴史の問題です。なに、こんなマニアックな知識を出しているんだよと。
ところで、社会などで教科書を使わずプリントで授業をしている教師がいます。一見、プリントを自作して一生懸命なように見せていますが、全く違います。単に、昔に作ったプリントを毎年使い回しているだけです。教科書は数年ごとに変わるのに、それを無視する。一教師が作ったプリントと学者・専門家、多くの人間が関わった教科書どちらが教材として優れているか一目瞭然です。

ほんとに、常にプリントを使って授業をする「手抜き教師」「勘違い教師」は現場から立ち去るべきです。
(「しゃかいかっ!2014年6月30日記事より)



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする