再テストが大嫌い。

塾の授業では、知識の確認をするために小テストをする機会が良くあります。目標得点を設定して、それに届いていない時は、もう一度テストをする再テスト(追試)を行う講師がとても多いです。

はっきりいって私個人は再テストが大嫌いで上長の指示でもない限りは、まずやりません。
私の中での再テストは「やったふり」でしかないです。講師にとっては「再テストをして手厚く面倒を見たというアピール」ですし、生徒にとっては「再テストでできたから覚えた」気にだけなるツールでしかありません。
経験則でいえば、いつも再テストで合格しているような生徒が、その再テストで学習してした内容を後で覚えているかといえば覚えていないんですよ。大体の場合、再テストは同じテストをもう一回解くだけですからね。問題を丸暗記すれば済んでしまうんです。最初のテストで合格できない生徒は、再テストで合格するための勉強しかしないんですよ。
だから、再テストはやるだけ無駄。再テストがあるから、それで受かればいいやとか思わせない、一発で合格しないとダメと思わせることが大事です。

ちなみに、私は再テストのかわりに、時間がたったところで予告なしで全員にもう1回全員にテストをします。最初に合格をした生徒でも、忘れているということはよくあります。確認は間を開けて繰り返し実施することが大切です。

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする