予習シリーズ社会解説 「5年下第2回 古墳時代・飛鳥時代」

予習シリーズ第2回では古墳時代・飛鳥時代が取り上げられています。時代でいうと、3世紀末から7世紀にかけてです。もともと、古墳時代と飛鳥時代は一つの時代ですが、現在では推古天皇即位以降を飛鳥時代と分けるのが一般的です。

古墳時代は「空白の4世紀」という言葉があるほどわかっていないことが多く、出題されることが限定される時代です。前方後円墳埴輪といったキーワードの出題頻度が高くなります。ちなみに埴輪は漢字指定されることが少なく、ひらがなで書いてもほぼ大丈夫です。
日本最大の古墳である大仙古墳(大阪府)はもちろん重要ですが、同じくらい稲荷山古墳(埼玉県)も重要です。稲荷山古墳から出土された「ワカタケル大王」と刻まれた鉄剣の存在により何がわかるかという記述問題は定番です。「5世紀当時のヤマト政権の勢力が関東地方まで伸びていたこと」が正解になります。当然、稲荷山古墳は埼玉県というのも重要です。
ちなみに、ヤマト政権は大和と漢字で書かずにカタカナで書くのが近年のスタンダードです。これは、律令政治以降の大和と区別するためですが別に漢字で書いても大丈夫です。ひらがなで書くと不正解になる可能性があるので一応注意しておきましょう。ヤマト朝廷という言い方もしますが、最近では「政権」「王権」のほうが一般的なようです。

渡来人も古墳時代を代表するキーワードです。渡来人から伝わった技術・文化は多岐にわたるので、すべて覚えるのは大変です。どちらかというと、渡来人から伝わったもの「ではない」ものを選ぶ問題が出題されます。パターンとしては、伝わったのは弥生時代の稲作か平安時代に日本独自に成立したかな文字を選ばせる場合が多いです。

聖徳太子飛鳥時代は何といっても聖徳太子中大兄皇子です。聖徳太子は冠位十二階と憲法十七条が定番ですね。憲法十七条は豪族に対して役人としての心構えを示したものですが、正誤問題で「農民に対して心構えをしめした」といったようなひっかけパターンが頻出です。
遣隋使は皇帝におくられた手紙を史料にして、中国と対等な立場での外交を目指したという記述をさせる問題が出題されます。なお、聖徳太子は厩戸皇子という表記をすることが増えつつありますが、中学受験では聖徳太子で大丈夫なので、授業ではあえて厩戸皇子という表記は板書をしません。
聖徳太子といえば法隆寺というぐらい法隆寺も頻出です。受験直前では絶対に正解する問題でも小5生には新しい知識であることは教える側として意識しておく必要がありますね。

中大兄皇子といえば大化の改新です。大化の改新は基本知識ですが、これで一気に改革が進んだわけではないことが現在の研究では明らかになっています。入試では大化の改新以上に、百済を支援するために唐・新羅と戦い敗れた白村江の戦いと、その後中大兄皇子が天智天皇に即位したことが重要です。中大兄皇子=天智天皇ですが、大化の改新を行った人物で天智天皇と書くと不正解になるので注意が必要です。また、気がついたら中国の王朝が隋から唐になっているのも触れておく必要があります。
天智天皇の死後おきた壬申の乱で勝った天武天皇も重要です。また、最近の研究で藤原京の規模が想像されていたものより大規模だったことが判明しており、その時の天皇だった持統天皇の出題頻度も上昇しています。持統天皇は初めて上皇になった人物としても注意が必要ですね。