予習シリーズ社会解説 「5年上第4回 うつくゆく工業のすがた」

第4回では工業地帯や工業地域といった比較的おなじみの内容が登場します。この単元は「なぜなのか?」という部分は割と少なくて暗記中心の単元といえるでしょう。

まず、この単元で重要なことはグラフをつかった工業地帯や工業地域の区別です。

まず、出荷額についてです。とりあえず、中京工業地帯が出荷額1位は絶対に覚えましょう。そして、北九州工業地帯が最下位です。北九州工業地帯は福岡県単体での工業地帯のため、他の工業地帯と比べると金額的に不利になります。そのため、最近は北九州工業地域と格下げされることも多いです。
京浜・阪神・瀬戸内・関東内陸の2位争いは激戦です。阪神工業地帯京浜工業地帯という古くから栄えている工業地帯の地位低下は覚えておきたいところですが、順位はそれほど意識する必要はありません。なぜなら、年によって微妙に順位が入れ替わったりするからです。テストでは他で判別するポイントがあるので安心してください。

工業種類別では、中京工業地帯の機械工業(赤)と京葉工業地帯の化学工業(緑)の割合の高さが際立ちます。通常、このグラフは複数の工業地帯・地域のグラフがでてきて比較して判断するようになっていますが、この2つだけは単体でグラフが登場してどの工業地帯・地域か答えさせる問題が出てきます。
その他に瀬戸内工業地域の化学工業(緑)と北九州の食料品工業(オレンジ)の割合が割と高いのも覚えておきたいです。
これで、工業別生産額の割合で中京・京葉・瀬戸内・北九州の判別ができることになります。あと、阪神と京浜が並んだときの区別もできるようにしておきたいです。中京・阪神・京浜の三大工業地帯だけでグラフを問う問題が出題され、京浜と阪神を区別する必要があります。阪神工業地帯は金属工業が多く、機械工業がそれほどでもないことを覚えておきましょう。

工業都市に関しては、この回でなんとしても覚えるほどではありません。その後、地域別地理でもう一度学習するからですが、そもそも最近の入試では工業都市の出題はそれほどされません。保護者の方で中学受験をした方は一生懸命憶えたと思うので、子どもにもと思うかもしれませんが、その必要性は薄いです。要点チェックで登場している工業都市を覚えておけたらとりあえず十分です。