たまねぎの収穫量の多い市町村ベスト20

教材

今回はたまねぎの収穫量が多い市町村ベスト20です。都道府県別でみると北海道が全体の4分の3をしめる作物です。寒さに強く、年間を通して収穫できるうえ長持ちするため、旬とよばれる季節は特にありません。

たまねぎの収穫量の多い市町村(2016年)

順位都道府県市町村収穫量(t)
1北海道北見市246,800
2北海道訓子府町100,700
3北海道富良野市83,500
4兵庫県南あわじ市73,500
5北海道美幌町60,400
6北海道岩見沢市49,000
7北海道中富良野町46,800
8佐賀県白石町45,300
9北海道湧別町37,400
10北海道津別町26,100
11北海道大空町19,900
12北海道栗山町15,100
13佐賀県唐津市14,400
14北海道札幌市14,100
15北海道置戸町13,800
16北海道長沼町13,100
17愛知県碧南市11,400
18長崎県南島原市9,600
19静岡県浜松市9,550
20北海道士別市8,540

見ての通りの北海道王国です。1位の北見市はてんさいの収穫量が1位の市町村でもあります。注目すべきは4位南あわじ市です。兵庫県の淡路島ではたまねぎの近郊農業が盛んというのは覚えておきたいポイントです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました