なすの収穫量が多い市町村ベスト20

教材

なすといえば、社会科では促成栽培で栽培される夏野菜の代表格で、出荷1位は高知県というのが、定番の知識です。では、市町村別で見てみるとどうでしょうか。

なすの出荷量が多い市町村(2017年)

順位都道府県市町村季節収穫量(t)
1熊本県熊本市年中20,030
2高知県安芸市冬春20,000
3福岡県みやま市冬春9,830
4高知県芸西村冬春8,510
5群馬県伊勢崎市年中3,870
6徳島県阿波市年中3,868
7高知県安田町冬春3,810
8福岡県柳川市冬春2,940
9群馬県みどり市年中2,770
10岩手県一関市年中2,490
11高知県室戸市冬春2,330
12栃木県真岡市年中2,310
13山梨県甲府市夏秋2,290
14福岡県八女市冬春2,240
15熊本県宇城市冬春2,030
16岡山県岡山市冬春1,980
17愛知県豊橋市冬春1,880
18山梨県笛吹市夏秋1,820
19愛知県岡崎市年中1,772
20大阪府富田林市冬春1,710

高知市との一騎打ちを制して熊本市がこの年度は1位になりました。熊本市も冬から春の栽培が中心ですが、夏も栽培しておりその分で高知の上に来ました。

3位のみやま市は有明海に面した筑紫平野にある市です。農業の市町村別のデータでは高知市・熊本市のように県庁所在地や市町村合併でできた大きな自治体が登場していますが、そんな中4位の芸西村はちょっとびっくり。ただ、芸西村のサイトでは扱いは軽く、村の特産品はブルースターという花のようです。

なすは夏野菜の代表格ですが、収穫量でいえば冬春もののほうが多くなっており、「旬という言葉は死語ではないのか」と思ってしまいます。ただ、促成栽培としてのなす栽培はビニールハウスなどの設備負担が重いため、ある程度の規模が求められるためか出荷している地域は夏秋ものと比較するとある程度限定されています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました