ジェンダーギャップの話

たいよう時事問題

男女格差の大きさを国別に比較した世界経済フォーラム(WEF)による、「グローバル・ジェンダー・ギャップ指数」2019年版が12月17日に発表された。
日本は、調査対象となった世界153カ国のうち、121位(2018年は110位)。
過去最低の順位だった2017年の114位(同年の調査対象は144カ国)よりさらに下位となった。主要7カ国(G7)で最低だった。(ハフポスト日本版)

表示できません - Yahoo!ニュース

塾業界においても男女格差の問題は根深く残っています。20代の若手職員には女性がたくさんいるのに、校長以上の管理職になると女性は激減します。仕事のコアタイムが子どもたちが帰ってくる夕方以降というのはありますが、出産をした女性が同じように仕事を続けられる環境になっていません。企業として見たときは、現場以外の部署でということかもしれませんが、現場では続けられるイメージがないです。顧客は母親が中心になるので、もっと出産経験者の校責任者がいてもいいはずなんですけどね(現状の子育ての中心が母親といっていることになるので、矛盾はありますが)。

はっきりいって大学生講師を見ていると、男性より女性のほうが頼りになります。これは、主観ですが女性のほうが主体性を感じることが多い。男女の格差を解消するために女性に活躍できる場所を与えるべきという話になると「女性にだけゲタをはかせるのか」という声が出ます。しかし、現実は男性というだけでゲタをはかせている場面はいくらでもある。それが、自分の若いころを含めた実感です。

別に、社会に若い戦力がいくらでもあった時代は男性を中心に職場を回していけばよかった側面はあると思うんですよ。でも、人口減少に向かっていくこの日本で女性という重要な戦力を活躍させられない職場や業界や社会はやっていけなくなりますよ。

なお、ジェンダー…社会上の性別は、そこそこ入試でも狙われる語句なので覚えておくといいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました