衆議院選挙翌日の新聞一面は入試に出る

10月22日に衆議院選挙が行われます。衆議院選挙が行われてから30日以内に特別国会が開催され新たに内閣総理大臣が指名されます。もちろん、安倍晋三首相がそのまま再任される場合もあります。

新聞いろいろ考えると、ちょうど政治が落ち着くころに各学校は入試問題を作成すると思うんですよね。年内の出来事であれば、入試で出題されているなというイメージがあります。衆議院選挙というのは、日常社会における一大イベントですから、当然入試時事問題でも重要なテーマです。

ただし、今の段階では選挙の結果はわかりませんし、政治の世界は複雑なため思わぬ動きがある可能性もあります。今の段階では受験を意識して出来事を「覚える」必要はありません。ですが、「見ておく」必要はあります。時事問題に対応する最大の方法は、普段からいろいろなことに興味を持つことです。それがなく、ただ覚えるというのはとても難しいことです。

タイトルの「衆議院選挙翌日の新聞一面は入試に出る」というのは、そのままの意味です。過去問題集を演習していて新聞記事が資料として出題されていた場合は、そこそこの確率で今回も資料として使われると思っていいでしょう。別に、それを見ておかないと不利になることはありませんが、見ておいたほうがプラスです。新聞はいくつかありますが、だいたい学校ごとに資料に使う新聞も決まっているので、過去問題を見て確認しておきましょう。

当然ながら、公職選挙法といった選挙に関するキーワードは出題される可能性が高くなります。重点的な学習が必要です。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする