定期テスト時事問題予想を更新

定期テスト時事問題予想」を更新しました。
7~9月の内容を消し、10月の内容を追加しています。

衆議院選挙も終わり、期末テストでは確実に選挙がらみの時事問題が出題されると思われます。特に中3は政治単元の学習が進んでいるはずで、教科書内容と時事をリンクして出題させやすいです。

今回の選挙では野党第一党であった民進党が事実上の解党となり分裂選挙になりました。2つの政党があるということは区別して覚えなければいけないのですが、大雑把にいえば東京都知事である小池百合子氏が率いているのが希望の党で、そうではないのが立憲民主党です。もしくは、議席を伸ばし躍進したのが立憲民主党で、伸び悩んだのが希望の党です。どちらでも好きなほうで覚えてください。

あと、選挙がらみの時事問題は自分の住んでいる町の小選挙区が何区で当選した議員がだれかを聞いてくることがあります。これは、各自で確認して覚えておきましょう。リストでは朝日新聞の衆議院選挙特集をリンクしました。どの自治体がどの選挙区かが細かく掲載されているのがリンクを張った理由です。読売新聞の衆議院選挙特集は小選挙区の区分が地図になっているので、こちらも参考にしてください。今回の選挙では一部の自治体で選挙区が分かれているところがあるので、そういった自治体の場合はこちらでご確認ください。

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする