定期テスト対策メモ東京書籍地理P10,11「1-1-3地球上の位置を表そう」

①経線・緯線はもちろん重要ですが、夏至・冬至の正午に太陽が90度にくる場所である北回帰線(北緯23.4度)、南回帰線(南緯23.4度)も覚えておくとよいです。

②”旧”グリニッジ天文台なのに注意。イギリスの首都ロンドンを本初子午線が通るのは基本中の基本。

③経線・緯線に関する問題は、地図上で示された場所がどの地点なのか答える問題など、バリエーションがあるので必ず問題集で演習をしましょう。
経線…東西180度まである縦の線
緯線…南北80度まである横の線
を混同しないように。
また、東京が北緯36度、東経140度なのも覚えておくといいです。

④白夜は「高緯度の夏に起きる太陽が夜でも沈まない現象」と記述できるようにしましょう。

⑤エクアドルはスペイン語で「赤道」というのが国名の由来です。国名の由来に関する問題の常連です。そのため、テストでも出題されます。

⑥緯度によって気温が変わる理由→「太陽に対する角度が違うため、太陽から受け取るエネルギーの量が異なるから」という記述をできるようにしましょう。

経線・緯線は受験でも出題されることの多い重要単元です。十分に準備して臨みましょう。

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする