入試に出る都道府県 「奈良県」

未分類


・世界最古の木造建築である法隆寺がある。世界文化遺産に登録されている。
・710年に平城京に都がおかれた。東大寺・金剛峯寺などが世界文化遺産に登録されている。


・県南部の紀伊山地では林業が盛んで吉野すぎが有名。


・地図中Aは県庁所在地の奈良市。中学受験では、県庁所在地の場所を活用する問題が出題されることがあり、奈良市は県の最北部にあることに注意。


・大和郡山では金魚の養殖がさかん。

中堅以上の学校では、都道府県の形からどの都道府県かをわかるようにしたいですが、内陸県はそれが難しいので少し意識して覚えたいところです。

面積:約3690㎢(2019年)
人口:約133万人(2019年)

コメント

タイトルとURLをコピーしました