入試に出る歴史上の人物 「勝海舟」

基本
勝海舟江戸時代末期の幕臣で、戊辰戦争のとき西郷隆盛との話し合いで江戸城の無血開城の話し合いを行ったのが勝海舟です。

発展
勝海舟は日米修好通商条約批准のため、咸臨丸でアメリカに渡ったっています。この船には福沢諭吉も同乗しています。
勝海舟の門下生として知られるのが、薩長同盟の立役者である坂本龍馬です。

小学校の学習指導要領に必ず登場させることとされる人物の1人に勝海舟があげられています。意外とということばは失礼かもしれませんが、思ったより入試に登場する人物です。

読み:かつかいしゅう
時代:江戸時代末期(19世紀中ごろ)

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする