入試に出る歴史上の人物 「近松門左衛門」

重要
人形浄瑠璃江戸時代前半の文化である元禄文化を代表する人物の1人が近松門左衛門です。近松門左衛門は人形浄瑠璃歌舞伎の脚本・作者として知られ、代表作は「曾根崎心中」などです。

近松門左衛門・人形浄瑠璃、両方とも受験生にとっては名前が長かったり、漢字が難しかったりと厄介な存在といえるでしょう。ただ、人形浄瑠璃は漢字が難しいため、逆に語句を答える問題の答えにはなりにくいです。社会のテストは漢字テストではないのです。

読み:ちかまつもんざえもん
時代:江戸時代前半(17世紀末)

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする