入試に出る歴史上の人物 「杉田玄白・前野良沢」

重要
メスオランダの医学書「ターヘル・アナトミア」を日本語に翻訳した「解体新書」の著者が杉田玄白前野良沢です。解体新書はオランダの学問を研修する蘭学の発展に貢献しました。

中高受験において杉田玄白と前野良沢の区別はほぼ不要です。前野良沢は当初、解体新書の著者として公表されておらず、杉田玄白が解体新書の苦労の様子を記した「蘭学事始」によって知られるようになりました。

読み:すぎたげんぱく・まえのりょうたく
時代:江戸時代中期(18世紀後半)

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする