入試に出る歴史上の人物 「井上馨」

応用
明治時代、政府は条約改正を行うため欧米の考え方や生活様式を取り入れる欧化政策を進めました。欧化政策の代表的な例として取り上げられるのが鹿鳴館で外国人を招き、洋装でのパーティーなどが開かれました。この時期の外交の中心人物が井上馨です。

鹿鳴館は風刺画とともに出題されることが多いですね。井上馨は入試でぎりぎり出題されるレベルといったところでしょうか。

読み:いのうえかおる
時代:明治時代(19世紀後半)

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする