入試に出る歴史上の人物 「藤原道長」

読み:藤原道長
時代:平安中期(11世紀前半)

基本
和歌を詠む人3代の天皇の后に自分の娘をつけ政治の実権を握ったのが、藤原道長です。息子は平等院鳳凰堂を建設した藤原頼通で、彼ら2代のころが摂関政治の全盛期とされます。

重要
道長の権力の強さを物語る歌として、彼自らがつくったとされる
「この世をば わが世とぞ思う 望月の 欠けたることも 無しと思えば」
が有名で、ここから藤原道長や摂関政治を質問するのは問題作成の定番です。


藤原道長の日記「御堂関白記」は平安時代の様子を伝える貴重な資料として、ユネスコから「世界の記憶」に登録されています。

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする