入試に出る歴史上の人物 「与謝蕪村」

標準
江戸時代後期の化政文化を代表する俳人の1人が与謝蕪村です。与謝蕪村の作風は写実的なことで知られ、画家としても高い評価を受けています。

小林一茶も同様ですが、社会よりも国語で登場する人物ですね。社会では問題として作りにくいです。

読み:よさぶそん
時代:江戸時代後期(18世紀後半)

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする