中学入試プレイバック2019 「浦和明の星中学」

…。この間2018年の中学入試プレイバックシリーズをやっていたような気がするんですけど、もう2019年ですか…。一年が早すぎる。
それは、さておき今年もやります。「中学入試プレイバック」。中学入試社会の問題で私たいよーが気になった問題を取り上げていきます。問題全体の難易度や合格ライン、傾向といったことは自分の地元の入試以外は確実なことは言えないので控えることをご了承ください。

昨日、入試に出る歴史上の人物で桂太郎を取り上げた直後に、この入試問題を見てしまったのでこれをとり上げないわけにはいかないです。日英同盟の成立→日露戦争の開始→韓国併合、これ全て桂内閣で起きている出来事なんですよね(日露戦争までは第1次、韓国併合は第2次桂内閣)。これだけ事業をなした内閣なのに中高入試では意外と出ない(高校日本史では基本中の基本人物ですよ、念のため)。あまり言いたくないですが、日本の近現代史の勉強では戦争に勝ったという事実を誇りに思いたくない傾向があります。この時代に、イギリスと同盟を結びロシアに勝ったということは歴史的に見てすごいことなのでもっと桂太郎に光をと思いますよ。

なお、この問題は桂太郎はどうでもよくて、満州国の建国だけが1932年の昭和時代と時期が明らかにずれるのでそれだけで答えられる問題です。
浦和明の星中学の入試を見てると選択肢の中に、受験生が知らない知識を入れておいて答え自体は他で明らかに間違っているものや当てはまるものを入れる傾向がありますね。

答:エ

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする