中学入試プレイバック2019 「武蔵中学」

まずは、基本データから。1964年に約12万人だった日本人の海外旅行者は、1972年に100万人を突破し1979年には約400万人と約30倍と驚異的な伸びをしています。さらに、バブル末期の1990年に1000万人を突破、近年は伸びなやんでいるものの約1600~1800万人という多くの人が海外に出かけています(といいながら、この文を書いている私は海外旅行経験ゼロです)。

入試問題の記述問題を答えるポイントはできるだけ自分の持っている知識で勝負することです。極端な話、「日本の経済が発展し、日本人に海外旅行に行く余裕が出てきたから」で正解ではないにしろ、点数はもらえます。ここで注意すべきは「高度経済成長」という言葉を下手に入れないことでしょう。高度経済成長は1973年石油危機により終了しており、1970年代後半には関係がありません。ですので、1970年代以降に増加している根拠で高度経済成長を書くのは危険です。とはいえ、JTB総合研究所が出しているデータを見る限り、海外旅行に関して石油危機の影響は少なかったように見えます。

海外旅行というと、景気同様に大きな影響を受けるのは為替です。円高になると円の価値が上がり、海外の商品を安く感じられ買いやすくなる、つまり輸入や海外旅行に有利になります。

世界は戦後、ブレトンウッズ体制とよばれるアメリカを基軸通貨とした固定相場制をとってきましたが、1971年のニクソンショックを受け変動相場制に移りました。1ドル360円で固定されていた為替相場は、1ドル308円で固定されたのち、変動相場制へと変わりました。これ以降、円とドルの関係は円高ドル安に進んでいきます。

ブレトンウッズ体制や変動相場制はともかく、円高が進んだという話は、それにより輸出産業にダメージを受け海外移転が進んだという話は受験生にとって既知の知識です。これと経済成長を組み合わせれば正解に近づきます。記述問題としては何とか取りたいレベルの問題です。

答:日本の経済発展が進み海外旅行をする余裕が出てきたことと、円高が進み海外旅行がしやすくなったため。

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする