中学入試プレイバック2019 「女子学院中学」

歴史の並べ替え問題を解けるようにするために年号を覚えたほうがいいかと聞かれることがあります。私個人は「別に全部覚えなくてもいい派」なのですが、その理由は年号をはっきりいえなくても答えが出せるようになっている問題が多いからです。

この問題でいうと、まずイの鉄道開通は明治維新期ですよね。ウはごく最近の話で、オの八幡製鉄所は日清戦争の賠償金でつくられたという基本知識があります。ここに年号を覚える必要はないわけです。そうは言いながらも、鉄道開通は1872年で、八幡製鉄所は1901年と知っておいて損はないですけどね。1872年は郵便制度、富岡製糸場が同じ年ですし、1901年は足尾銅山鉱毒事件(に関して田中正造が天皇に直訴した)と、重要な出来事がおきている年ではあります。

さて、アとエです。
まず、アの年号は私も知りません。ただし、時期を推測することはそれほど難しいことではありません。なぜ石炭の採掘が行われなくなったかを考えればわかります。それは、輸入石炭に比べ国内の石炭のほうがコストがかかったこと、なによりエネルギー革命によりエネルギーの中心が石炭から石油に移ったためです。エネルギー革命は高度経済成長期の1960年代におきていますから、それからしばらくしてだろうという推測がたちます。問いで「本州にある」と限定しているのは、九州の三池炭鉱などは平成初期まで採掘が行われており、ウ(平成)と時期が近くなることを避けるためだと思われます。
エは長州藩の炭鉱は知らなくても、「藩」なので江戸時代と特定できます。なお、宇部炭田のことだと思われます。ちなみに宇部炭田の閉山は1967年だそうです。

そうすると、江戸→明治初期→明治後期→昭和→平成ときちんと時代が分かれていることが分かりますね。これで十分です。過去問の演習で年号を覚えるべきものと不要なものは、きちんと分けて考えることが重要です。

答:エ→イ→オ→ア→ウ

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする