中学入試プレイバック2019 「栄光学園中学」

旧国名と現在の都道府県を一致させる問題は入試でもそこそこ出題されます。全ての旧国名を覚えることは難しいですが、旧国名は伝統工芸品や地形名で今も使われていることが多く、その範囲で出題されることがほとんどです。

アの岡山県は「備前」焼、イの福井県は「越前」和紙で覚えておきたいですね。ともに「前」という感じが使われていますが、これはその地域の中で当時の都(畿内)に近いことを表します。例えば、越中が富山県、越後が新潟県です。
旧国名は律令政治の頃につくられたため、当時の朝廷の支配外だった東北地方は陸奥・出羽と2つに大分されていました。明治になって、陸前・磐城に分けられています。

この問題は「筑後」川、「筑紫」平野といったあたりに気が付けば、筑前は福岡県であると考えることは容易でしょう。むしろ、正解しないといけない問題です。

今回この問題を取り上げたのは、九州の都道府県と旧国名はごちゃごちゃしてるよなぁと思ったからです。地図にしてみると分かります。

福岡県がごちゃついてる。調べていたらこんな記事がありました。

なぜ?街の真ん中に「国境」 住宅街の中に突然、大きな石碑 北九州市(西日本新聞)

同じ県でも地域が違うことはよくありますが、なかなかややこしいそうです。ちなみに、このパターンに当てはまるのは、他に兵庫県があります。あそこも、ややこしい。

答:ウ

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする