中学入試プレイバック2019 「フェリス女学院中学」

1932年に成立した満州国には仕事や土地を求め、また国策として多くの日本人が渡りました。それが、終戦直前になるとソ連が日ソ中立条約を破棄し、満州に侵攻しました。住民を守るはずの軍隊(関東軍)はその任務をほぼ放棄し、多くの住民が取り残されました。

そのような混乱の中で、家族が散り散りになり、子どもたちを手放す人も多く生まれました。日本と中国の国交が復活したのが1972年。終戦から27年もたっていました。残留孤児の本格的な調査が行われるようになったのは、それからさらに時が過ぎた1981年のことです。

入試当日、中国残留孤児と書けた生徒は少数派だと思います。ただ、学校側の「知っておいてほしい」というメッセージは感じる問題です。フェリスに限らずですが、女子中学全体として戦争の悲惨さを伝える問題を出題する傾向にあります。テキストの問題として取り上げるのは難しいタイプの問題なので、他の女子中の問題も見ておけるといいですね。

ただし、②の問題は答えたいです。広島(8/6)と長崎(8/9)の原爆投下の間にソ連が日本に侵攻したというのは、上位レベルであれば基本知識です。ソ連がどこに侵攻したかと現在も北方領土をめぐる問題が解決していないことを考えれば、答えを導き出したいところです。

答:①(中国)残留孤児 ②ソ連が日ソ中立条約を破って満州に侵攻したため。

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする