入試に出る歴史上の人物 「志賀直哉」

発展
人道主義・理想主義を掲げた白樺派の中心的作家の一人が志賀直哉です。代表作は「城の崎にて」「暗夜行路」です。

読み:しがなおや
時代:20世紀前半(大正時代)

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする