新元号「令和」がどう入試に出るのか?

新しい元号が「令和」に決まりました。今回はこのサイトらしく、新元号「令和」に関連してどんな問題が入試で出題されるか予測したいと思います。

まず、分かりやすいところでは出典となった万葉集でしょう。最も万葉集はもともと日本最古の歌集として入試で頻出の知識ですから、元号に関係なく覚えておきましょう。万葉集は天皇から庶民まで様々な身分の人の作品が収められていることも重要です。編者とされる大伴家持は、社会科ではそれほど出題されませんが余裕があればといったところです。
今回出典となった万葉集の序文の作者は、山上憶良という説もあるようです。山上憶良といえば、農民の貧しい暮らしを描いた「貧窮問答歌」が入試で出題される人物です。そりゃ、出題されるでしょ。貧窮問答歌は漢字で書くのが大変ですが、何としても覚えておきましょう。山上憶良関係だと、他には国司(憶良が就いていた役職)・遣唐使(派遣歴あり)なども狙われそうです。
万葉集には天智・天武・持統天皇など飛鳥時代から奈良時代の人物の詩が収められています。それらの人物を題材に問題をつくるのは簡単です。そうやって考えると、飛鳥・奈良時代全体の出題率が上昇する可能性があります。

別の視点で見ると、「令和」のうち”令”は初めて元号で使用される漢字ですが、”和”は過去19回使用されてきた字です。個人的に、新元号で問題をつくれと言われたら”和”が使われた元号を並べて問題をつくりますね。一覧にすると以下の通りです。

和銅(708~715)
承和(834~847)
仁和(885~889)
応和(961~964)
安和(968~970)
寛和(985~987)
康和(1099~1103)
養和(1181~1182)
正和(1312~1317)
貞和(1345~1349)
文和(1352~1355)
永和(1375~1379)
弘和(1381~1384)
元和(1615~1624)
天和(1681~1684)
明和(1764~1772)
享和(1801~1804)
昭和(1926~1989)

まず、目を引くのは最初の「和銅」です。武蔵で銅が発見されたことを記念してつけられた元号で、かつては日本最古の通貨だった和同開珎がつくられています。これは出そうですね。武蔵が現在の埼玉県というのも押さえておいてもいいでしょう。
「養和」は後に壇ノ浦の戦いで入水する安徳天皇のときの元号です。
それから、14世紀にやたらと使われているのが興味深いです。南北朝の争乱期のため、元号も北朝・南朝それぞれにある時代です。元号が2つあったことを示して理由を聞く問題も面白いですね。
元和以降は江戸時代を幅広く取り上げやすく使い勝手がよさそうです。
ただ、このテーマで問題をつくると最後の「昭和」が長すぎて何でもありになってしまうのがネックですね………。

まとめると、山上憶良・和同開珎あたりの出題可能性が大幅にアップですね。
それにしても、「いらすとや」さんは仕事が早すぎです。

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする