入試に出る歴史上の人物 「松岡洋右」

発展
1933年に国際連盟を脱退したときの外務大臣が松岡洋右です。

入試で名前を聞かれることは、ほぼなく定期試験で出題される程度です。おそらく、日本史上最も失敗した外交官の一人ではないかと思います。

読み:まつおかようすけ
時代:昭和戦前(20世紀前半)

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする