入試に出る歴史上の人物 「阿倍仲麻呂」

遣唐使船
遣唐使として唐に派遣され、そのまま唐で役人となり一生を終えたことで知られるのが、阿倍仲麻呂です。自分の故郷を懐かしんだ「天の原 ふりさけ見れば 春日なる 三笠の山に 出でし月かも」という歌が史料問題で出題されます。

読み:あべのなかまろ
時代:奈良時代(8世紀前半)

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする