入試に出る歴史上の人物 「運慶・快慶」

基本
鎌倉時代にできた東大寺南大門にある金剛力士像をつくったのが、運慶快慶です。2人ははいわゆる兄弟弟子の関係にあたります。
東大寺南大門金剛力士像は、鎌倉時代の力強い文化を象徴する作品としてよく写真資料で出題されます。

注意
なお、運慶と快慶を識別する問題は出題されないので、安心してください。「東大寺南大門金剛力士像の作者を答えなさい」という問題が出題された場合、特に指示がなければ、運慶・快慶どちらを書いても正解になるはずです(ただし、「2人答えなさい」という指定が入ることが多いです)。

読み:うんけい・かいけい
時代:鎌倉時代前半(13世紀前半)

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする