入試に出る歴史上の人物 「天草四郎」

重要
十字架1637年におきた島原・天草一揆の指導的な立場にいたとされるのが天草四郎(益田四郎時貞)です。

島原・天草一揆はかつては島原の乱といわれていました。しかし、今の教科書ではキリスト教徒への弾圧のほかに重い年貢に対する農民の暴動という点と、島原(長崎県)だけでなく天草(熊本県)でも争いが起きていたことから島原・天草一揆と記載されることが多くなりました。なお、入試では島原の乱でも正解になります。

読み:あまくさしろう
時代:江戸時代前半(17世紀前半)

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする